TOP » 豊川市で家を建てるなら知っておきたい基礎知識 » 豊川で注文住宅にかかる気になる費用

豊川で注文住宅にかかる気になる費用

内容によって異なる建物坪単価

ハウスメーカーや工務店に注文住宅を依頼する際に出してもらう見積書。基本である建物坪単価には何が含まれているのかを、まずはチェックしなければいけません。会社によって記載されている項目は異なり統一されていないので、提示された坪単価には何が含まれているのかをしっかりと把握する必要があります。正しい坪単価を把握するうえで、以下の事は知っておくと判断するのに役立ちます。

上記の事を踏まて考えると、シンプルな設計プランニングにするとコストパフォーマンスが高い家ができるといえます。逆に、こだわりの形にすればするほどコストパフォーマンスも高くなる傾向に。

豊川市での建物建築費用の目安は?

一般的な建物坪単価の計算方法としては、「建物の本体価格/延床の坪数」。ただ、会社によって解釈が異なるので、同じ土地でも差がでるものとなります。

豊川市における注文住宅の平均延床面積は131.81平米。坪数でいうと、39.9坪ほど。もしも坪単価が60万であれば、約2397万円の建物建築費用が必要です。さらに、この建物建築費用に付帯工事費用や土地代・諸費用がプラスされるものとなります。

住宅購入にかかる税金いろいろ

注文住宅には、税金の支払いもかかってきます。税金は住宅ローンの対象外となるので、キャッシュで用意しておく必要があります。

印紙税

請負代金や売買代金によって異なり、金額はバラバラ。税率が軽減される優遇制度は要チェック。

登録免許税

所有権移転登記や建物の保存登記、抵当権の設定登記に必要。

不動産取得税

建物の価額や土地の評価額に対してかかる税金。

固定資産税

各市町村の固定資産税課税台帳に記載されている土地・建物にかかる税金で、毎年1月に課税されます。

土地計画税

都市計画上の市街化区域内の土地・建物に課税。固定資産税と同じです。対象エリアにはいっているかどうか、事前に調べておくと安心です。

イメージ

予算別おすすめ工務店!
豊川で注文住宅を建てるなら
ズバリこの3社!

           

「~1000万以下の家」「約1500万~の家」「約3000万~の家」の予算に合わせたオススメ工務店を3社ご紹介します!耐震等級3以上に対応した地震対策がしっかりされているおすすめ工務店ばかりですでの、ぜひチェックしてみてください!

       豊川でおすすめの工務店はこちら!